レーシック医師の求人ランキング【※レーシック眼科へ転職なら】

TOP >> ここは押さえよう >> レーシック手術未経験の眼科医募集

レーシック手術未経験の眼科医募集

ハリウッドスターやスポーツ選手など、世界の名だたる著名人たちも受け入れたレーシック手術は、わずか15分ほどの短時間で視力が回復する視力矯正法として注目を集めています。アメリカのある眼科医学専門誌もエキシマレーザー照射による近視矯正術の安全性を保証する研究結果が出たことを掲載したため、不安が払しょくされるようになりました。レーシックの本場アメリカでは年間150万人を超える患者がレーシックによる視力矯正術を受けており、成功率も95%以上と非常に高い値を保っています。日本においても年間50万人以上の患者がレーシック術により視力矯正を行なっており、関心の高さが伺え知れます。レーシック手術の医療技術も日を追うごとに向上しており、かつてのような失敗を恐れる必要はほとんどありません。

しかし、眼科医であれば比較的新しい医療であるレーシックに対する不安もあるに違いありません。その背景には時折レーシック術を受けた芸能人やスポーツ選手が手術に成功しなかったといった報道があるためです。しかし実際のところは、レーシック手術により成功とされる水準まで視力が回復しなかったり、術後の患者の過失、たとえば目をこすってしまったりすることにより視力回復が見られなかったりしたというのが多数を占めています。

仮に他の合併症が起こったとしても、比率は手術を受けた患者の1%未満とされており、他の手術と比較しても非常に低い比率です。患者は100%の成功率を求めますが、いかなる治療においても100%の成功率はあり得ないため、レーシック術においても現実的な見識を持つことで不安を解消することができます。

レーシック手術は執刀未経験の眼科医であっても執刀リスクを最小限に抑えることが可能な医療です。その理由はオペが医療機器に大方依存していることにあります。レーシック術を行なう際のエキシマレーザー発生機器の技術レベルの向上は目覚ましく、執刀時の危険リスクを大幅に低下させてきました。ですからレーシック手術未経験であっても、医師転職ドットコムなどの医師向け求人サイトでの情報が豊富にあるのです。もちろん機器の操作に慣れるためには幾らかの時間が必要になりますが、勤務開始当初は手術前の検査医として勤務し、徐々に経験を積んでいくこともできます。

求人情報はリクルートドクターズキャリアやエムスリーキャリアといった医師向け求人サイトでも得ることができます。医師向け求人情報サイトには全国のレーシック手術未経験の眼科医募集も掲載されていますので、希望する地域を指定して条件に適った情報を入手することができます。

>>レ―シック眼科求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2016 レーシック医師の求人ランキング【※レーシック眼科へ転職なら】 All Rights Reserved.